【 画像企画室 】

上野東照宮ぼたん苑


藁覆に色を添し冬牡丹


 上の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると
 順に表示されます。キーボードの[→] を押しても順に表示されます。
大寒 立春までの間が一番寒いといわれる時期ですが、寒さに負けぬようにと散策がてら上野東照宮ぼたん苑に冬牡丹の写真撮影に出かけてきました。藁囲いの中の牡丹が咲き揃って心も和みました。

本年も宜しくお願い致します。
上野公園には、かつて寛永寺の大伽藍がありましたが、江戸時代の末期に戊辰戦争により焼失。明治になり日本で最初の公園に指定され、博物館・美術館・図書館や動物園などの文化施設が整備されて文化芸術の公園として知られています。東照宮ぼたん苑もこの地域にあり、昭和55年(1980年)に、日中友好を記念して開苑されて今ではすっかり東京の牡丹の名所として園芸愛好家に知られるようになりました。
撮影年月日 = 2009年1月16日
撮影場所 =台東区上野・東照宮ぼたん苑

このスライド一式は ホームページ道具箱 よりお借りしてます
▲このページの上へ

Copyright © 2007 道楽悠悠 All Rights Reserved.